軽々日記
軽々と生活する日記

総合旅行予約サイトの楽天トラベル
<< CGで天体観測模擬演習ーの巻 main マタニティースイミングであっという間の安産 >>
パリのオペラ座ですわ。
パリのオペラ座。

それはオペラを知る者にとっては最高峰の場所ですわ。
見る人もなかなかチケットが手に入らないと嘆いています。

全てのオペラの中でもっとも多く言及されているのがパリのオペラ座ですわ。
まさに伝説は全てこのオペラ座から生まれるといっても過言ではないというか、
パリのオペラ座からしか生まれません。

それを知っているからこそみんなチケットを買い求めます。
オペラをDVDで見るなんてことはできないわけです。

きちんとチケットを購入し、DVDではなく、生でオペラを見る。
これが当然ながら正統派のオペラ鑑賞方法です。

オペラはパリのオペラ座を中心に動いているのです。
そう、そこにはファントムもいます。ファントムだけではありません。
美女も野獣もいます。そしてピノッキオとゼベット爺さんもそこにいます。

オペラだけではないのです。物語という物語の主人公、そして登場人物、
それだけではなく、植物や建物まで。

全てのものがこのパリのオペラ座にあるということです。
そこの舞台に立つことはオペラ役者としては最高峰の名誉であるといわれています。


しかし、そこに上がれるのはほんの一握りの超エリートオペラ役者のみ。
決して興味本位で上がれるような生半可な場所ではありません。
伝統という重みを感じることができる場所です。


生半可な気持ちでパリのオペラ座の舞台に立つと伝統という重みに
押しつぶされる可能性もあります。それくらい舞台に立つだけでも非常に
大変な場所なのです。リハーサルもそこでは行われません。


リハーサル専用の場所があり、本当の本番だけが、本番の舞台の上で
行われるからです。ミスは許されません。

パリのオペラ座でミスが起こったなんてことになれば、
もうチケットが売れなくなるかもしれない。
そんな緊張感の中、やっているわけです。
-|00:26takasjsucomments(1)
コメント
きっとそうなんでしょうね。
私もいつかオペラ座で本当のオペラを見たいです。

でも。。
見るためにもそれなりの品格が必要なのかもしれませんね。
| ボブ | 2007/03/05 10:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
最新記事
 
   
rakuten
QLOOKアクセス解析
ばなー
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

  • seo
ホットリンク
ぷろふぃーる
 
   
かれんだー
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
 
123
かてごりー
 
   
りれき
 
   
モバイル
  qrcode
   
りんく
 
   
無料ブログ作成サービス JUGEM
すぽんさー りんくす