軽々日記
軽々と生活する日記

総合旅行予約サイトの楽天トラベル
<< 壁掛け時計を見上げると main デスクトップの時計は見るな! >>
壁掛け時計、12時の思い出
壁掛け時計にはいろんな思い出があります。

小さい頃から壁掛け時計にはいろんな思い出があります。
大きなのっぽの古時計ではありませんが、いろいろと思いはあるものです。


まずは初めて深夜12時を過ぎて起きていた時のこと。
お昼の12時を過ぎる時とは全く別の感覚に襲われました。

なんかこわいんです。小学校2年生くらいでしたでしょうか。
なんか親に怒られて、宿題をずっとやらされたんです。
そうしたら、気づいたら、もう真夜中で、12時をすぎようとしていました。


壁掛け時計を見るのがすごく怖かったです。

なんでかって?

壁掛け時計を見ると、自分がどんなに深夜まで起きているのかってことが
実感されるから。テレビ見ながら夜更かしするんじゃなくて、
宿題やらされていて、夜更かしというか、夜遅くまで起きているわけです。


なんか自分自身がだめなやつなんじゃないかとかそんなことで
夜12時を過ぎて起きているのは、世の中でじぶんだけなんじゃないかとか
壁掛け時計を見ていたら結構いろんなことが思い浮かんできて、
ドキドキした思い出があります。

それを壁掛け時計が与えてくれたわけです。
お昼の12時といえば、楽しい給食でした。
だから、お昼の12時の壁掛け時計はすごく楽しい思い出です。

いつも黒板の上にある壁掛け時計、学校の壁掛け時計は
白の背景に数字は黒のものでした。

お昼の12時にはその壁掛け時計がなんかおいしそうな時間に見えたものでした。

明るい中で見る壁掛け時計。
暗い中で見る壁掛け時計。
12時にはそんな思い出があります。
-|12:20takasjsucomments(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karugaru.jugem.jp/trackback/2
トラックバック
最新記事
 
   
rakuten
QLOOKアクセス解析
ばなー
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

  • seo
ホットリンク
ぷろふぃーる
 
   
かれんだー
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
123
かてごりー
 
   
りれき
 
   
モバイル
  qrcode
   
りんく
 
   
無料ブログ作成サービス JUGEM
すぽんさー りんくす