軽々日記
軽々と生活する日記

総合旅行予約サイトの楽天トラベル
皮下脂肪ダイエットで素肌美人!?
皮下脂肪ってのは本当に手ごわいという話を聞きます。
特に内臓脂肪についた皮下脂肪は中年の男性だけでなく女性も・・・

皮下脂肪ってのはその字の通り、皮膚の下にあるんだって。

何してるかって?
そーですねーまず脂肪が体にとってどんな役割を果たしているかを考えて見ましょうか。

脂肪はですね、皮下脂肪に限らず人間には誰でもあるものなんですが、
役割としては、ふたつくらいありそうです。

まずはひとつめですが、なんと脂肪ってのは体の栄養の貯蔵庫なんですよ。

え?と思った方。まずは脂肪をつねってみてください。
皮下脂肪はどこにあるかわかりにくいので、お腹の脂肪にしましょう。

痛いでしょ?ははは。それは冗談として、脂肪ってのは体の中の栄養が
足りなくなった時に、分解されて、エネルギーとして使用されるわけです。

だから普段から脂肪をガンガンに使っているということはないわけです。
普段から緊急用の栄養を使うって変じゃないですか。

普段は筋肉から使われるわけです。脂肪は本当に緊急事態用に
とっておかれるわけですね。

つまり脂肪をたくさん蓄えている人って言うのは、
ちょっとやそっと食べることができなくても大丈夫ということです。

え?皮下脂肪に限らず体内に大量の脂肪を蓄えてそうなひとほど
お腹が減ると元気がなくなる?

それはですね、脂肪が非常用のタンクであるために、
すぐには体が緊急事態であると判断しないからなんです。

お腹が減った、となったらすぐに脂肪を使っていたら、
本当に緊急事態には耐えれないじゃないですか。

そしてそういった脂肪をたくさん蓄えている人というのは普段から
食事の摂取量が多いわけです。

そうすると、体もそれに慣れてしまい、ちょっとでも食事が取れないと、
体は「いつもと違うよ〜」と悲鳴をあげるわけです。

でも緊急事態とまではいかないわけです。わかりますよね?

そして脂肪のもう一つの役割。それは保温です。

皮下脂肪は主にこの役割を担っているのではないでしょうか。
皮下脂肪がつまり、体内の温度が外に逃げるのを防いでいるのです。

あざらしはもうそれはものすごい皮下脂肪を蓄えているじゃないですか。
あれは皮下脂肪で体内の熱を外に逃がさないようにしているわけですね。
こう言われると、一概に皮下脂肪を燃焼させて、減らすなんていうのも
できなくなりそうだったりしますかね〜
皮下脂肪の落とし方、減らし方14:41takasjsucomments(1)
この記事のトラックバックURL
トラックバック
最新記事
 
   
rakuten
QLOOKアクセス解析
ばなー
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

  • seo
ホットリンク
ぷろふぃーる
 
   
かれんだー
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
123
かてごりー
 
   
りれき
 
   
モバイル
  qrcode
   
りんく
 
   
無料ブログ作成サービス JUGEM
すぽんさー りんくす