軽々日記
軽々と生活する日記

総合旅行予約サイトの楽天トラベル
役員賞与って魅力的
役員賞与ってなんだかんだいってもやっぱり魅力的ですね。
普通の従業員ではありえないような額をもらえるわけですから。
もちろん役員報酬があるということは、もうかっていないと
いけないわけです。

役員になったからといって、儲かってもいないのに
いきなり賞与をもらえるわけではありません。しかし、
それでも普通の社員の給料とは各段に違う額をもらうことが
可能ですから。

でもこれが個人経営もしくはほぼ個人経営と同じような
状況であると、事情は異なってきます。聞いた話では、
1億の利益が出た際に9000万円を賞与にして、会社に
1000万円残そうとした人がいるらしいです。

知り合いに相談したところ、逆にすべきだという指摘を
うけたらしいです。これはなんといいますか、会社という
法人をうまく利用していくにはどうすればいいかということとも
関係してきますね。

個人の所得としてしまえば、高い所得税がかかるわけですが、
会社の財産としておけば、低い法人税のみが課税されますから、
個人経営の会社で、意思決定が個人でできるのであれば、
できるだけ多くの額を会社保有としておいた方がいいのかも
しれません。つまり役員賞与として自分で受け取らないという
ことです。

そして様々な費用を経費で落とすわけです。例えば靴。
自分自身のプライベートの靴を購入したとしても、これを
会社の経費として落とすわけです。費用名目は、たとえば
衛生費なんていうもので。

もちろん本当に衛生的でなければならないという理由が
ないといけません。お医者さんなんかはこういった方法を
使っている場合もありますね。


JUGEMテーマ:ビジネス


役員賞与02:32takasjsucomments(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック
最新記事
 
   
rakuten
QLOOKアクセス解析
ばなー
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

  • seo
ホットリンク
ぷろふぃーる
 
   
かれんだー
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
 
123
かてごりー
 
   
りれき
 
   
モバイル
  qrcode
   
りんく
 
   
無料ブログ作成サービス JUGEM
すぽんさー りんくす